パーティーに大活躍のオードブル

パーティーにぴったりのオードブルってどんなもの

オードブルは、日本ではパーティなどでだされる料理の盛り合わせをさします。
盛りつけられる料理は、酒のつまみや軽食類などが多いです。
 

 

仕出し店や弁当屋、一般の料理店などでも販売されています。
オードブルに利用される皿は、料理ごとに皿で仕切りがされている物が多く、
プラスチック製の物はサークルトレーと言われています。
沖縄県では特に頻繁に活用されており、東道盆に見立てたオードブル容器に料理が詰められます。
揚げ物や肉料理の盛り合わせが、宴会の際には必ず用意されるそうです。
海外では、一般的にフルコースでスープの前にだされる最初の料理を意味します。
オードブルは、その後に提供される主菜などの食欲をそそる事が目的とされており、
量は少なくて塩分や酸味がやや強めの料理が多いです。

 

 

米国でのオードブルは、客の到着から食事の準備までが長時間になる場合に提供されます。
これは、食事を待つ間に客をもてなす事を目的としています。
レセプションやカクテルパーティーなどのイベントでは、立食式でオードブルのみがだされる事も多いです。
オードブルは、着席式の食事の前にだされる事もあります。
メインコースの前にだされる料理は、すべてオードブルといえます。
ケータリングのオードブルには、冷凍された料理や新鮮な料理の両方が含まれています。
北米以外では、アントレと呼ばれる事も多いです。
米国で一般的なオードブルには、カナッペや薄切り肉の盛り合わせ、スナック菓子などがあります。
また、チーズやソーセージ、ダンプリング、ブルスケッタなども良く提供されています。

世界のオードブルはイベントで食べないの?

世界では、オードブルは前菜の前にだされる料理の事をさします。
イタリアでは、アンティパストがオードブルにあたります。
イタリア料理では、チーズやマリネした野菜、薄切り肉の盛り合わせ、
パルマハムなどが一般的に提供されます。
東地中海および中東地方では、メゼがオードブルに相当します。
アルゼンチンではピカディタス、スペインではエントレメセスやタパスと呼ばれています。
また、バスク地方ではピンチョスがオードブルにあたります。

 

ロシア料理のオードブルに相当するのは、ザクースキです。
一般的にビュッフェ形式で提供され、
肉や魚の塩漬けや燻製、ニンジン、キュウリ、ニンニクなどの酢漬けなどが多いです。
また、サラダやキャビア、パテ、カナッペなどとパンから構成されています。
これらと、ウォッカなどの飲み物と一緒に提供されます。
このように、世界では呼び名や料理にも違いがあります。

 

日本ではパーティなどで、揚げ物や肉料理、おつまみ類の盛り合わせなどが提供されます。
前菜の前の料理ではなく、メインの料理として大人数で食べる為に準備される事が多いです。
仕出し店や弁当屋、一般の料理店などでも販売されており、
ケータリングで主に利用されています。
 
ホームパーティーやお子様の誕生日会、各種イベントなどで使用される事が多いです。
それぞれのお店に特徴があり、料理内容を選べたり、予算によって料理の内容を大きく変える事も可能です。
大人用や子供用に合わせて選ぶ事も可能ですので、
広い用途で使用できるので大変に便利です。
最近では、宅配のオードブルが人気です。